2017年 7月 の投稿一覧

35年経っても大丈夫!な標準キッチン

さだまさしさんのロッヂをビフォーアフターでリフォームされた時の一節です。

 


35年前のキッチンが痛んでなかったので再利用されたそうですが、それが、ヤマハの開発したキッチンです。

 

当社ではキッチンでもっとも酷使する天板がヤマハの開発したものがもっともいいのでこだわって標準採用しています。

 

いつまでも美しいキッチンであってほしいですよね。
 家事楽住宅プランナー 山口祥平

ボーナス支給日

夏のボーナス。

 

日頃、お客様に幸せを届けて頂いているみんなにボーナス手渡し。

 

7月決算の当社は、今日は倉庫を大掃除して、夏の年越しに備えている感じです。おかげさまで、今期も良い決算を迎えることができました。

 

社員が楽しくやりがいをもって働けることによって、社員はお客様の家を素晴らしいものにできるのではないかと考えています。
家事楽住宅プランナー 山口祥平

子供のイタズラで4万円ロスしました。


電気の請求書と太陽光の明細が届いたのですが、全く発電されてませんでした泣

 

モニターをみると停止中汗

 


7月が全く発電されてません。

 

側面のボタンを2歳の息子が押したのが原因でした。

 


早速妻が対策工事

 

側面に紙を貼り付けて、子供が押せないようにしました。

 

家事楽住宅プランナー 山口祥平

工事中専用の玄関ドア 工事用ドア

本日、菜畑で工事中のお宅に窓や玄関を納品しました。お客様にご報告させていただくと「玄関ドアもついたんですか?」との質問がありました。

玄関ドアは、一番最初につく仕上げ部材の一つです。

 

玄関ドアがついてから約2カ月間毎日職人さんが出入りをします。

毎日のカギの開け閉めで鍵穴の周りには多少キズが付くかもしれません。

また、モノをぶつけて傷をつけてしまった場合は、車の板金と同じような工程で修理するそうです。

 

当社では新品の玄関ドアを確実にお客様に届けたいという想いから工事中は工事中専用のドアを取り付けております。

お引渡しの直前に新品の玄関ドアに交換しております。

お客様には「工事中のドアを取り付けますよ。」とご報告させていただきました。

小さなことからコツコツと。

家事楽住宅プランナー 山口祥平

全国のコンテストで優秀賞をいただきました!

全国リフォームアイデアコンテストで優秀賞をいただきました!

 

昨年リフォームさせて頂いたお客様のお宅をコンテストに応募させてもらっていたのですが、全国で13人しか選ばれない賞に入賞することができました。

 


元々は天井の高さが170センチしかなかった二階の物置スペースを、二世帯同居のセカンドリビングに!

 

ご入居後は、お友達が驚いてたくさん写真を撮っていかれるとのことでした。

 

お客様のこだわりがたくさんつまった空間。

 

あなた好みに仕上げます。
家事楽住宅プランナー 山口祥平

スキマができない断熱材

今日は、断熱工事を行いました。

 

当社は発砲ウレタン断熱吹き付けが標準。

 

現場で断熱材を吹き付けるので細かいスキマにも断熱材が入り込んでから数秒のうちに膨れ上がるので、スキマができません。

 


安い断熱材の代表であるグラスウール(上の写真)は、綿状のものが袋に入っていて、それを柱と柱の間に詰めて壁を張っていきます。写真をみてスキマがないように見えますか?


きちんとした施工をすればグラスウールでも断熱できるのですが、かなり手間がかかり、そこまでするなら発砲ウレタンの方が結果的に安いと思います。

 

その他セルロースファイバー断熱も流行ってます。正しい知識で良い家を!

家事楽住宅プランナー 山口祥平