相見積もりの正しいやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいづくりの業者選びをされる中で、断熱はどういうものを使ってますか?と聞かれるお客様がいらっしゃいます。

私も昔は、うちはこんな素晴らしい断熱をやってます。と答えていました。

間違っていました。

お客様は色々な会社で「うちの断熱はこんなに素晴らしい」と説明を受けて何がいいのか迷われていることに気付いたからです。

その間違いに気付いてからはお客様にものさしを差し上げることにしました。

会社を比較するためのものさしです。

例えば、断熱ならエネルギー消費等級やベルス、ZEHなど断熱を評価する基準があります。

例えばエネルギー消費等級5の家を建てれば、フラット35SのAプランという1番金利の安いローンを借りることができます。

また、ZEH補助金を貰って家を建てたい方は、ベルスの☆5の家を建てることが必要なので、その水準の断熱が必要になります。

建築の専門家である私達はUa値という外皮平均熱貫流率などを計算して上記の基準に当てはまるか計算しますので、そういったことをやっている業者なら上記の話は誰でもできます。

是非業者選びの際には、自分の建てたい断熱のレベルはどの基準のものなのかというのを決めるようにしてください。

当社の無料の相談会では上記のような内容もご説明しますので、是非ご参加ください。

家事楽住宅プランナー

山口祥平

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。