家事えもんに学ぶ

今日は、今度新築されるお客様と福岡のショールームを巡ってきました。

たまたま、パナソニックのショールームでは、得する人、損する人というテレビ番組に出てた家事えもんのお掃除セミナーがあっていました。

まとめると、こんな感じの話でした。

身近な掃除道具の効果的な使い方(ちょっと工夫するだけで半分の労力で綺麗にする方法など)

予防法(お風呂のシャワーだけで2年間カビをほとんど抑制できる方法など)

パナソニックのキッチンやお風呂、トイレのすごいところの説明

そもそも汚れにくい、カビがつきにくい工夫のされた設備を買えば、お掃除の知識もほとんど必要ないよね

つまり、家事というのは、家次第ではその負担が小さくすることができるということです。

妻の背中を見て決めた家事楽住宅プランナー

そもそも私が家事楽と言い出したきっかけは、夜遅く家に帰ったら妻が洗濯をしていた時でした。

家事を手伝う時間はないが、そもそも家事のしやすい家にしてあげればそれはひとつの家事応援になるのではないか。

現在、家事を効率化する為に我が家にはある物を購入予定。

それはまた、別のお話。

お楽しみに。

家事楽住宅プランナー

山口祥平

安全で効果の切れないシロアリ対策

リフォームで柱がスカスカになっている家があります。

シロアリに家を食べられると写真のようになります。

こうはなりたくないですよね?

予防するには対策をしないといけないのですが、ほんの数年前までは、床下に殺虫剤をまくしかありませんでした。

しかし、5年ごとに15万円くらい

予防といっても、5年ごとにそんなに払うのは負担が大きいです。

また、殺虫剤なので、子どもの健康にも影響を及ぼす可能性があります。

私は何かもっといい方法がないか?と探し続けていたのですが、6年前にボロンデガードさんに出会いました。

ホウ酸という素材で対策するのですが、

揮発しないので、効果が切れない!揮発しないので安全!そもそも成分が自然素材なので安全!

と、子育てファミリーにも胸を張っておススメできるものなのです。

今年そのボロンデガードがグッドデザイン賞をとったということで、東京出張のついでに事務所に寄ってきました。

シロアリ対策をどのように行なっているか?

会社選びのポイントとして是非見てもらいたいところです。

家事楽住宅プランナー

山口祥平

フレックスは材木屋さんでもあります!

木材の競りに行ってきました!

当社は、大工さんに材料を卸す販売店事業も行っております。

写真のような市場から仕入れています。

なので、大きな一枚板のテーブルなどもオーダーメイドでお安く作成できます!

家事楽住宅プランナー

山口祥平

来年3月までに契約すれば8%

本日の日経新聞の記事ですが、家は3月までに契約しておけば、8%の税率で建てることができます。

家事楽住宅プランナー

山口祥平

手作りでクリスマスリースが作れます。

今週末は当社でクリスマスリース作りのイベントを行います!

当社スタッフが材料から作り方までフルサポート!

参加費はたったの500円!

毎年満席になる人気イベントなので、必ず事前の予約が必要です^_^

家事楽住宅プランナー

山口祥平

家事えもん来るってよ!

得する人損する人でお馴染み、家事えもんがやってくる!

フレックスにやってくる訳では無いのですが、汗

12/2に福岡で家事えもんのおそうじ裏技セミナーが行われます。

参加したい方は是非ご連絡ください!

予約TEL090-9796-9755まで

家事楽住宅プランナー 山口祥平

手刻み加工

最近は床の間が減ってきたのであまり作る機会がないのですが、今回は床の間がありました。

こういう丸い柱を使う場合は写真のように基準線をテープの上に引いて施工されます。

最近は偽物の張り物で組み立てるだけのものが多いのですが、当社は大工さんの腕にお世話になっています。

家事楽住宅プランナー

山口祥平

人工芝を施工しました。

今回、半年前にお引渡ししたお客様から、お庭にテラス屋根と人工芝を取り付けたいとのご依頼がありました。

住み始めてみて始めてわかることってあると思います。

人工芝は草むしりしなくていいからいいですね!

家事楽住宅プランナー

山口祥平

オーダーメイドなので

今年入社の山口(右)が収納の打合せなどは行ってくれています。

当社は注文住宅のため、当たり前ですが、一軒一軒内容が違います。

お客様との打合せを終えた後は、お客様のイメージを大工さんに伝えるという作業が待っています。

口頭だけでは、伝わらないので図面を作成し、現場で伝えます。

お客様と打合せしたことが、その後の大工さんとの打合せで構造的にできないとなることもあります。

とても大変な仕事ですが、お客様と大工さんとみんなでひとつのものを作り上げていく作業はやりがいもあります。

家事楽住宅プランナー

山口祥平

相見積もりの正しいやり方

住まいづくりの業者選びをされる中で、断熱はどういうものを使ってますか?と聞かれるお客様がいらっしゃいます。

私も昔は、うちはこんな素晴らしい断熱をやってます。と答えていました。

間違っていました。

お客様は色々な会社で「うちの断熱はこんなに素晴らしい」と説明を受けて何がいいのか迷われていることに気付いたからです。

その間違いに気付いてからはお客様にものさしを差し上げることにしました。

会社を比較するためのものさしです。

例えば、断熱ならエネルギー消費等級やベルス、ZEHなど断熱を評価する基準があります。

例えばエネルギー消費等級5の家を建てれば、フラット35SのAプランという1番金利の安いローンを借りることができます。

また、ZEH補助金を貰って家を建てたい方は、ベルスの☆5の家を建てることが必要なので、その水準の断熱が必要になります。

建築の専門家である私達はUa値という外皮平均熱貫流率などを計算して上記の基準に当てはまるか計算しますので、そういったことをやっている業者なら上記の話は誰でもできます。

是非業者選びの際には、自分の建てたい断熱のレベルはどの基準のものなのかというのを決めるようにしてください。

当社の無料の相談会では上記のような内容もご説明しますので、是非ご参加ください。

家事楽住宅プランナー

山口祥平