【太陽光パネルつけるなら】本日の優良新聞記事。日経新聞より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでもらえばわかりますが、大手やしっかりした会社は『国産』
を、中途半端な会社は『海外製品』を勧めていることがわかるはず。

これから太陽光つけるなら絶対『国産』
がオススメですよ。ちなみに弊社は昔から国産を勧めてます。

2015.6.30日本経済新聞 朝刊より

 買い取り価格の引き下げを受け、日本では産業用の市場は頭打ちとなり、代わって住宅用が太陽光パネルの主戦場となる。国内外の太陽光パネルメーカーは蓄電池や家庭用エネルギー管理システム(HEMS)などとともに、住宅のエネルギーを管理する一手段として太陽光パネルを屋根に搭載する動きが今後さらに強まるとみている。

 国内市場全体では国内勢が6~7割を占めるとされ、かつて世界首位を占めたシャープや京セラなどが住宅用でも高いシェアを握る。大手住宅メーカーの購入者からの不具合に関する問い合わせや故障時の現場急行に対応するため、全国に手厚い人員を配置している。

 海外メーカーによると、こうした手厚い保証体制も国内勢の強みで、住宅大手との取引を始める上での事実上の障壁になっているとみる。

 海外勢は価格重視の中堅住宅メーカーや太陽光パネルの扱いに不慣れな地域工務店から、太陽光パネルの設置工事を丸ごと受注するなどして本格参入する。海外メーカーではパネルの変換効率も向上しつつあり、攻防は激しさを増しそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*